いざ挑戦!宅建とって不動産業界に転職しよう

不動産業界で必須の資格である宅建を転職に生かすために必要な情報と、取得してから登録するまでを紹介しています。

いざ挑戦!宅建とって不動産業界に転職しよう

宅建とって不動産業界に転職しよう!

転職するときに強い武器になるのが資格。その中でも宅建は転職に強い資格の一つです。なぜなら、法律で宅地建物取引業者は、その事務所ごとに国土交通省令で定める数の成年者である専任の取引主任者を置かなければならない。と定められているからです。ゆえに不況のときも宅建は就職、転職の際有利だと言われていました。その上、最近のアベノミクスの影響で不動産売買が盛んになってきた昨今、不動産業界はとても注目されています!そんな宅建の資格についてご紹介します。

宅建の仕事は先に述べた様に不動産の売買、契約の際に取引主任者となる重要な資格です。独占業務としては、物件の契約内容の説明、契約書や説明書のサインと押印が挙げられます。実際に業務を行う際、宅建の試験に合格しただけでは業務は出来ません。試験を実施した都道府県知事に申請し、資格登録をし、更に取引主任者の交付を受けなければなりません。資格登録には2年以上の実務経験か、登録実務講習実施機関が行う登録実務講習を修了することか必要です。その上、未成年者、禁固以上の刑に処せられた者など登録基準があります。(一般的な生活をしている成人ならば問題ないでしょう。)また、取引主任者証の有効期限は5年ですから、5年後とに講習を受けなければならないことも忘れてはいけません。

肝心の試験自体は国家試験の中で最大規模で受験者数は毎年20万人を超えています。実施は年に1回で、高校を卒業した者であれば誰でも受験することが出来ます。合格率は毎年15パーセント前後となっています。宅建は不動産業界だけではなく、金融業や法律系国家資格の登竜門としても人気があります。これから転職でステップアップしたい貴方、ぜひ宅建の資格をとってそれをきっかけに転職活動、更に上の資格へと目指していきましょう。最初に述べましたが、アベノミクスの影響で景気は上向きつつあります。資格を習得して転職するなら今がチャンス!

お勧め情報

Copyright (C)2016いざ挑戦!宅建とって不動産業界に転職しよう.All rights reserved.